Bloglook bookpick up brand

“sou-mu” look book

ブランドのご紹介です。

 

「無」とは物事が存在しないこと。

「有」とは物事が存在すること。

「無」と「有」とは対になる存在。

「無」の存在なくして「有」は存在しえない。

すなわち「無」はすべての物事のはじまり。

「無」を創りだす。
「無」を装う。
「無」を奏でる。

「無」の「創」「装」「奏」の提案をコンセプトとした服作り。

 

sou-mu

sou-muの提案する「無」とは、無意識の中にある行為、思考、感情の起源となるもの。

何かを行い、考え、想うきっかけになる。

そんな存在を、sou-muは目指していきます。

Designer: 末田正輝 Masaki Sueda

 1987年、千葉県生まれ。

2006年から4年間、イギリスのUCA芸術大学にてファッションデザインを学ぶ。

2010年に帰国後、sou-muのデザイナーとして活動を始める。

 

丸の形を用いて「纏う」、「ばらす」、「つなぐ」を表現。

“着る”のは人でも物でも良い。対象物は特定しない。すんなり入ってくるデザインであること、衣服であること。

裏毛のスウェット生地を使った、優しさを感じるコレクションです。

着方は着る人次第であったり、不正解のない、答えの無い事が答えである様な。

どうぞご注目下さい。

<FJ>

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください