RORO

3/16〜4/15 RORO POP UP EVENT

 

こんにちは。

先日お休みを頂いてお花見をしてきました。

 

 

お花見を開始したときは4〜5分咲きだったのですが、

夕方頃にはほぼ満開になっていました。

 

お店の向かいにも桜の木があるのですが、こちらはあっという間に葉桜に。

(桜の盛りってこんなにも短かったですかね?)

 

とはいえ桜が終われば次は新緑の季節。

新緑も負けず劣らず美しいので楽しみです。

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたがイベントのご案内です。

 

 

RORO 2018 Spring & Summmer Collection
“continue to pray”

POP UP EVENT in fro・nowhere

days\\ 3/16(fri.)〜4/15(sun.)

look book\\  continue to pray

 

祈る乙女のやわらかな空気がテーマ。

曖昧なものや悲しみも美しく感じるウェットな匂い。

祈りのなかにある芯。

 

羽根、水面、ミラグロのお守りなどのテーマモチーフ、

糸使いは立体感を重視して軽やかに。

やさしい配色は儚げでそっと包み込むような靴下。

 

 

今回は全6型。

そのうちの5型が届いておりますので、さらっとご紹介致します。

 

 

雲路【雲の中の道。光や風を味方にして】

浮かぶ光(yellow beige)/ 想う空(purple)/ 深いもや(blue gray)

 

 

ピンストライプがマニッシュな雰囲気。

ラメ糸がきらめくベース、パステルカラーを使用することでレディライクな仕上がりに。

 

 

 

ワンダーランド【重力がとかれるようなぬくもり】

なでる肌(off white)/ 甘い香り(smoked pink)/ 溶けた宙(mist gray)

 

ふんわりと落ちてくる羽根をデザインに落とし込んだシリーズ。

ベースは鹿の子編みを採用、ふわふわとした立体感がよりやさしい雰囲気に。

 

 

リフレイン【儚さと繰り返される憶い】

マスカット(pale yellow green)/ パンジー(light purple)/ ピンクグレープ(coral pink)/ ペッパー(charcoal)

 

人気のリボンシリーズは、今季のイメージに合わせてカラー豊富に展開。

綿混のリブソックスは履き心地も抜群。

単色のシンプルなベースにカシメで留められたリボン、どんなコーディネートにも合わせやすい一足。

 

 

veil【詩的な横顔】

wind(white)/ lip(red)/ darkness(black)

 

ベールの繊細さを柄とチュールのような透け感のあるベースで表現したソックス。

オリジナルのレース柄はどこかお守りのようにも見えます。

薄手なのでこれから夏にかけて活躍できる一足。

 

 

 

水面【強くもろい瞬間】

shell beach(white)/ golden sea(gold beige)/ green sand(moss green)/ pink lake(pink)

 

光にゆれてきらめく水面、タイルをイメージ。

ベースに織り込まれた細かいラメが光を受けるたびにきらつきます。

レトロな雰囲気、大人な少し落ち着いた色合い。

 

 

 

 

まだまだ種類豊富にございますので、

是非お気に入りの一足を探しにいらしてください。

 

それでは、また。

 

_______________________________________

fro・nowhere(フロノウェア)

〒460-0011

愛知県名古屋市中区大須4-15-4-1F

mail:from.nowhere.japan@gmail.com

twitter :@fronowhere

instagram:@fronowhere

*ご不明な点、ご質問などお気軽にお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です