BlogPHIZ

PHIZ Exhibition @fro・nowhere

昨日8/4(土)より開催しております受注会、PHIZ<フィズ>の受注会。

その様子、アイテムのご紹介です。

独創的なグラフィックが特徴のブランド。

 

「プロセス」を「デザイン」として衣服に落とし込む。

以前のブログでもご紹介したのですが、「言語」が視覚化(可視化)するのは非常に興味深いものでした。

初日はデザイナーの小林さんに店頭にお越し頂き、お客様と対話をしながら1日を過ごして頂きました。

 

写真でも鮮やかなグラフィックスが伝わるかと思います。

パレイドリア=錯覚。

トランスやサイケデリックからの着想。

SHPONGLE<シュポングル> のFlash Back<フラッシュバック> がインスピレーションとなっているとの事。

どういった柄に見えるのかは受け手によって異なるというもの、ファッションそのものの特性を体現しているとも感じました。

 

 

受注会は8/6(月)まで行っております。

魅力的なアイテムをどうぞ直接ご覧下さい。

皆様の御来店、心よりお待ちしております。

お問い合わせもお気軽にどうぞ。

<FJ>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください