BlogFUGAHUM

FUGAHUM 2013S/S collection “In God’s Name?”  Exhibition

展示会のレポートです。

「In God’s Name?」

届いたインビテーションは、「お札」の様なヴィジュアル。

 

元々、「FUGAHUM」は信仰的な要素や、哲学的な要素がデザインの1部として落とし込まれているので不思議ではありませんでしたが、これは強烈!!

と、いう事で西麻布のオフィスへ。

 

映し出されるグラフィック。

水面の上に、インビテーションと同じ様な呪術的な映像。

 

神、自然、信仰。

インスパイアされている要素は様々ですが、中でも「木」をディティールに取り入れていたのが印象的です。

 

スポーティな素材に、緻密に描かれたイラスト。

“寄せ木”は雪が降る地方に多く見られる、伝統的な物。

箱根等では、多様な樹木の生息地と雪が降る山岳部という関係性から、かごかきの副業として江戸時代に発達した様です。

 

なにはともあれ、このセットアップがツボ。

緩さ、リネンのチェック生地にイナズマのプリントが施してあります。

ボトムはかなりワイド。

夏でも涼しげ。

 

 

スポーティーいう視点で「ヨガ」にフォーカス。

機能性のあるブルゾンや、レギンス等も展開。

グラフィックの色鮮やかさが、やはり特徴的です。

 

スタイリング用のショーピースですが、このあたりも存在感が強い。

気になりました。

 

入荷は1月からスタート、2月、3月と続きます。

受注会も12月の初旬に開催予定なので、是非御見逃しなく。

 

<FJ>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください