Blogdiddlediddlepick up brand

diddlediddle 2013-14A/Wcollection 「OMOSHIROSOU」

本日 5/7(火)

diddlediddle 2013-14 A/W collection 「OMOSHIROSOU」

4日間の日程の受注会も最終日。

少しばかり遅いですが、受注会の様子を写真にてご紹介。

の・・・前に「diddlediddle」の簡単なご紹介を。

diddle diddle

http://diddlediddle.jp/

コンセプト

不自然な物をいかに自然に見せるか
自然に不自然を見せる

“diddle” だます、ぺてんにかけるの意味
一見、目の錯覚を引き起こしたような感じ、少しの違和感を
日常的に慣れた感覚で分かりづらくする(だます)

2012 S/Sからスタートのブランド、現在2年目です。

始まりはシャツのみ展開のブランドでしたが、

2013S/Sより、シャツ以外のアイテムも展開。

「シャツが嫌いだから自分で着たくなるような物を作っている」とうデザイナー塩谷氏自身が言葉どおり、細やかなかつ大胆な仕掛けをさり気なく配しています。

生地や、ギミック要素、機能性が印象に残ります。

最終日、お店へ1人でも多くの方に足を運んでいただけたら幸いです。

_DSC0046白と黒がメインのシンプルですが、所々遊び心が詰まったシャツとカットソー

_DSC0040外からもお分かりいただけると思いますが、来期は赤がキーカラーに。

お店へ入ると、赤色のアイテムが皆様をお迎えします。

_DSC0041ボアを使用したこちらのブルゾンは全3色展開です。

レイヤードもできるサイズ感。男女共にお使い頂けます。

_DSC0049staff木下一押しのMonkey pantsは全3色展開。

前後の生地の切り替え、後ろ姿はショートパンツをレイヤードしたように見えます。

ウエストは、ゴム紐仕様、どなたでも履いていただけます。

_DSC0061こちらは、裏表・・・ではなく、前後どちらでも着れる2wayニット。

白シャツとの相性は抜群です。

_DSC0059裏衿にくま!!!

そして、このシャツなんと・・・ジャージ素材なのです。

雨の日は濡れても大丈夫ですね

洗濯も干したら、すぐに乾くでしょう。

生活における機能性があるシャツ。

_DSC0055modelの二見さんが、外からお出迎え。

_DSC0052僕もこの日は赤のキャップ・・・笑

クマと2ショットです。

何はともあれ、直接ご覧頂けたら幸いでございます。

最終日も皆様のお越し心よりお待ちしております!

〈木下〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください