Blog

送り出して。んで、負けませんよってコトで。

ご報告。

ちょっと長めですが、ご容赦を。

既にご存知の方も多いですが。

9月30日を持って、【きのぴー】こと”木下了太”さんが、fro・nowhere(フロノウェア)を卒業しました。

 

ハッキリ覚えているのは、出会いは昨年の4月の事。

【STANDARD MAGAZINE(スタンダードマガジン)】の創刊イベント。

今や、あまりにも著名ですが【シトウレイ】さんにお越し頂き、【日々是東京百景】の発刊と合わせて【STANDARD MAGAZINE】のトークイベントにご協力を頂き、カフェ【re:Li(リリ)】さんにてイベントを行った時です。

(僕からしたら、今でも若いですが)木下君は幼さの残る表情で、シトウさんに接していたシーンが記憶に新しいです。

_MG_6906-2

 

(この時ですね。何とも、今考えると、改めて恐れ多いなぁ。。。)

彼は、ストリートスナップを撮っている、そう話して、シトウさんとお話をしていたのでした。

 

P4153428

 

当時彼は学生。

キッカケもあり、【fro・nowhere(フロノウェア)】遊びにきて、時に買い物をしてくれる様になりました。

彼が撮っているストリートスナップの事を知り、スナップや、スタイル、アイテムの写真などを仕事として、依頼してみよう。

自然とそう思ったのを覚えています。

そんなこんなで、彼に対して興味を持ったコト、そして彼自身も少なからず、興味を持ってもらえたコトのキッカケを生かし、お店の写真を撮ってもらう事になりました。

この時点では、スタッフに成る事も、そしてまた離れる事も想像出来て無かったですね。全然。

 

_DSC0065

 

写真を撮ってもらう流れから、しばらく経ち、「フロノウェアで働きたい」と打ち明けてくれたのですが。

(話しがある、と言われた時はそれは緊張しましたね。。。。)

自分は雇われる身であっても、雇う身にはまだなっていなかったし

共に、それを迎え入れる準備が出来ていない事に、もどかしさ、悔しさ、消化不良色な気持ちがありました。

今でもまだまだ足りない事、至らない事ばかりなのですが。

当時、そう言ってもらえた事にすごく勇気ももらったし、そして小さいなりに、【賭け】に出れた事もありました。

良いキッカケを作ってくれた、そう言っても過言ではありません。

 

 

カクカクシカジカ、秋冬の展示会時期を前にして、【きのぴー】こと。木下君は、【fro・nowhere(フロノウェア)】のスタッフとなりました。

少しながら、研修の期間もありつつ、お店に携わってくれる事となりました。

【STYLE】という、スタイリングの写真や、アイテムの写真、個人としては【party snap】として、名古屋を中心とした夜のイベントも随所に納めていました。

 

DSC_0029

 

カッコよく。

でも本人の撮りたい形で。

最初は”さぐりさぐり”でしたが、徐々に呼吸のあう感じになり、撮り方は任せて良い、と思える様になりました。(チェックはありますが!)

 

DSC_0002

 

お店の前で、色々と。

 

 

DSC_0012

 

スタイリングも折衝しながら、今のお店の中にあるアイテムを如何に魅力的に見てもらえるか、結果、カッコいいとか、カワイイとか、渋いとか、ダサイ(でも良い)とか、何かしらのキーワードを残せる様に。

 

_DSC0260

 

一回りとはいきませんが、それなりに年も離れていたので、仕事の間柄には違いないのですが、弟とかいたらこんな感じなのかなと、思ったり。

そんな中、色々と厳しい状況や環境、モチベーションも含めて、満足いく待遇も出来なかった事を反省。

人を育てる事は難しい、実感しました。

 

(・・・さてさて湿っぽくなってもしょうがないですね!!!)

 

彼はあの年では、色々と面白い存在だと思います。

行動力もあるし、人当たりも良い、興味のある事にはしっかり首をつっこむ。

クラブでカメラマンをしつつも、お酒には弱いのですが。。。

 

既にスタートしておりますが、新たなステージでも是非頑張って欲しいと思います。

自分がそうしてきた様に、やりたい事を、好きな様にやる。

考える事や、やらないといけない事、決断を迫られる事も多々あると思います。

 

とにかく、頑張って欲しいし。

とにかく、負けたくないと思います。

 

fro・nowhere からも近い距離にいるので、→ http://cafereli.com/

皆さんまた見かけたら、是非声をかけてあげてください。(イベントもカメラで多々出没するかと)

今後の「木下了太」をどうぞ宜しくお願いします。

 

(勿論、フロノウェアも絶賛宜しくお願いします!!!!)

 

木下氏、お疲れ様でした!!

<FJ>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください